Skip to content

レモンカードのつくり方ピクニックにもプレゼントにも

-この記事は「時には木陰に寝ころんで」より、引っ越ししてきました-

 

イギリス伝統のレモンカード、自宅で簡単につくれます。

かわいい瓶に詰めて、ピクニックにも、プレゼントにも。

 

レモンカードのつくり方

レモンカードとは?

英語で書くと、lemon curd。

「凝固する」という意味のcurdが示すとおり、レモンの酸でとろりと固めたクリーム状の食べものです。

 

レモンカードは、とてもシンプルな材料からつくられています。

レモン、砂糖、たまご、バターの4つだけ。

たったそれだけで、レモンの香りがさわやかな、そしてまったりとしたバターが濃厚なレモンカードがつくれるなんて、なんだか不思議ですね。

 

 

 

イギリスでは伝統的にレモンカードが食べられていますが、なぜ寒いイギリスで、レモンを使った食べものが広まったのでしょうか。

レモンのイメージとしては、なんといってもイタリアのシチリア。

映画「ニューシネマパラダイス」のオープニングでも、明るい海と揺れるカーテンのあとに、レモンの籠が映っています。

 

イギリス貴族のステイタスを表すキュウリのサンドイッチ同様、レモンは豊かさの象徴だったのかもしれません。

キュウリはもともとイギリスの気候では栽培しにくい上に、ほとんど栄養もないことから、それでもサンドイッチにキュウリを挟めるということが、裕福な証とされていたのです。

 

レモンの旬

レモンカードを自分でつくるようになって初めて、レモンにも旬があることを知りました。

スーパーに行けばいつでも売っているように思いますが、それはアメリカなどから輸入されたレモン。

国産のレモンを買おうと思っても、夏には売っていません。

 

明るい太陽の光が似合うレモンですが、意外なことに旬は冬なのです。

俳句の世界では、レモンは冬の季語なのだそうですよ。

 

たしかに、国産レモンの産地として知られる広島をはじめとする瀬戸内海や、和歌山などの太平洋側は冬でも明るく、太陽が元気。

シチリアの気候と似ているのでしょうか。

そういえば瀬戸内海にある小豆島(しょうどしま)は、オリーブの栽培でも有名ですね。

 

3回濾してなめらかに

シンプルな材料でつくるレモンカードは、つくり方もシンプル。

絞ったレモン果汁と砂糖、たまごを湯煎にかけてクリーム状にとろりとさせて、バターを加えれば完成です。

 

ただし、私がひとつだけ手間をかけているポイントがあります。

それは、なめらかにするために濾し器を使うこと。

しかも3回。

 

1回目は、絞ったレモン果汁から種や果肉を濾すために使います。

種くらいなら手で取り除けますが、皮から剥がれた小さな果肉のつぶつぶを取り除くには、濾し器が便利。

多少のつぶつぶなら省きたくなる行程ですが、濾したあとにはどっさり果肉が詰まっています。

これがレモンカードの舌触りに影響すると思うと、やはり濾さずにはいられません。

もちろんレモン果汁は清々しいほどにクリアになります。

 

2回目は、溶きたまごを濾します。

なぜ溶いたたまごをさらに濾すのかというと、湯煎したときに白身がつぶつぶとした固形になってしまうからです。

たまごは火を通すと固まる性質があるのでこれは当然のことなのですが、濾し器を使うことで回避できます。

私は最初にレモン果汁と砂糖を鍋に入れておいて、その上から溶きたまごを、濾し器を通して加えます。

 

最後は、湯煎が終わった後に濾します。

ここまでの工程で、レモンもたまごもすでに濾しているのですが、最後にもう一度全体を。

万が一、白身が固まってしまっていたりしたときでも、ここで最終的になめらかに仕上げます。

濾し器を通して出てきたレモンカードは、すべすべとした絹のドレスのように美しく、なめらか。

 

レモンの皮を入れて香りをよりよくするレシピもありますが、私はなめらかなレモンカードが好きなので入れません。

とはいえ、せっかくの国産レモンの皮を捨ててしまうのはもったいないので、すった皮を冷凍しておいてパウンドケーキやパスタに使っています。

 

 

 

おすすめの使い方

丹精込めてつくったレモンカードは、いろいろな使い方で楽しめます。

 

まずはトーストに塗って朝食に。

ふんわりした厚切りトーストよりも、薄く切った全粒粉のパンやライ麦パンと相性がいいように思います。

イギリス風に、こんがりカリッとトーストしてください。

 

おやつにするなら、クラッカーやスコーンにたっぷり乗せて食べてみてください。

「塗る」のではなく、「乗せる」のがポイント。

ピクニックに持っていくのもおすすめ。

 

そのまま食べるだけでなく、手づくりお菓子にアレンジすることもできます。

焼いたタルト生地に詰めれば、レモンタルト。

メレンゲを乗せて焼き色を付ければ、さらに本格的になります。

パウンドケーキに練りこんでもいいし、マフィンやカップケーキの中心に仕込んでおいてもおいしいです。

 

たくさんつくった時には、かわいい瓶に詰めてプレゼントに。

レモンの旬が冬なので、私はここ数年、お正月のお年賀にたくさんつくっています。

おせちやお雑煮が続いてそろそろパンが食べたいな、というタイミングで差し上げると喜ばれます。

慣れてしまえば簡単につくれるレモンカードですが、どういうわけか珍しがられ、褒めてもらえます。

 

レモンカードのつくり方

140mlのWECK瓶3つ分です。

  • レモン 3 つ (レモン果汁85gを絞ります)
  • 砂糖 135 g
  • たまご 3 つ
  • バター 50 g
  1. レモンを絞る。絞ったら、1度濾し器に通して種や搾りかすを取り除く。取り除いたあとのレモン果汁を85g測る。
  2. レモン果汁、砂糖を小さめの鍋に入れる。たまごを溶いて、濾し器を通しながら鍋に加える。
  3. フライパンなどにお湯を張り、鍋を湯煎しながら絶えずゆっくりとかき混ぜる。だいたい20分くらいでとろみがでてきます。
  4. 好みのとろみ加減のところで火から下ろし、濾し器を通してボールに移す。
  5. バターを加えて完全に溶かし、煮沸消毒した瓶に入れて完成!

 

一度にもっとたくさんつくりたいときは、すべての材料を同じ割合で増やして作れます。

その場合、湯煎時間は多少変わると思います。