Skip to content

駒沢公園のイチョウと秋の終わりのピクニックボード

-この記事は「時には木陰に寝ころんで」より、引っ越ししてきました-

 

11月のはじめに箱根で紅葉狩りをしました。

それから早1か月。

東京は今がちょうど紅葉の盛りのようです。

11月の最後の週末に、イチョウが黄色く輝く駒沢公園でピクニックをしました。

 

駒沢公園で秋のピクニック

駒沢公園のイチョウとケヤキ

11月最後の週末は、予報によると土曜日曜ともに晴れて暖かくなるとのことでした。

紅葉のころは春のお花見と同じで、晴れていればぽかぽかと暖かく過ごせますが、太陽が隠れると途端に肌寒くなります。

よく晴れた日で、さらに紅葉が見ごろ、という2つの条件が重なった時にはじめて、快適な晩秋のピクニックが楽しめるのです。

それがまさに、11月最後の週末でした。

 

休日の駒沢公園は、ランナーと犬と子どもたちでとても賑わっています。

人は走らなければいられない生き物なのではないかと思うくらいたくさんの人が走っていて、あらゆる種類の犬が磁石のようにこの地に引き寄せられているのではないかというくらいたくさんの犬が散歩していて、少子化というのは実は幻なのではないかと思うくらいたくさんの子どもがいます。

 

そんな賑やかな駒沢公園を2つに分けるかたちで走る駒沢通りに、見事なイチョウ並木があります。

陽射しの中で黄色く輝くイチョウは、紅葉の中でもとりわけ豪華。

公園にいる人だけでなく、駒沢通りのドライバーも楽しませてくれています。

 

公園内の見どころは、広い通路を覆うアーチのようなケヤキ並木。

夏に木陰を提供してくれたケヤキが気前よく紅葉して、色づいた葉を絶え間なく落としていました。

センチメンタルな気分になりがちな季節ですが、駒沢公園の落ち葉はどこかのんきで、陽射しの中であっけらかんとしていました。

 

 

秋の終わりのピクニックボード

いつもピクニックをするお決まりの場所があるのですが、今回は紅葉を満喫できる場所を探すことに。

人通りが多いケヤキ並木周辺は避けて、私たちらしくちょっと地味な場所を見つけることができました。

 

それはランダムに植えられたイチョウの木立の下。

ハラハラと絶え間なく落ちる黄金の葉っぱが、チェックのピクニックシートや木のお皿、そして頭や肩に降り注ぎます。

木のあいだから陽射しが差したり、陰になったり。

陰になるとちょっと肌寒かったので、ブランケットをひざに掛けて、静かなピクニックを楽しみました。

 

 

チーズやドライフルーツを盛り合わせたひと皿をチーズボードと呼びます。

今回のピクニックではこの時期においしい食べものを盛り合わせたので、秋の終わりのピクニックボード、とでも呼んでみましょうか。

 

りんごを横にスライスしたら、りんごの花びらのような蜜が入っていました。

カマンベールチーズを重ねてはちみつをかけると、お酒のおつまみにぴったり。

合わせるのはりんごのお酒、シードルです。

あとはマッシュルームのマリネとパン、そしていつもバスケットに忍ばせているキャラメルとチョコレート。

 

IMG_6313

 

マッシュルームのマリネ

マッシュルームが生で食べられると知ったのは、青山にある八百屋さんにふらりと立ち寄った時のことです。

友達とぶらぶら街歩きをしていてたまたま見つけたそのお店で、生で食べられるからと、マッシュルームとズッキーニを試食させてくれました。

 

ナッツのように濃厚な香りのマッシュルームと、みずみずしく甘いズッキーニ。

それ以来、新鮮なマッシュルームが手に入ると、まずはサラダで食べています。

 

しかしキュッと締まったマッシュルームを選んで買っても、すぐに傘が開いてしまうので急いで食べなくてはいけません。

なにかの都合で食べ損ねてしまうといけないので、たくさんのマッシュルームを買ったときにはマリネにして瓶詰めに。

そうしておくとプレートランチの添え物やサンドイッチの具、そしてピクニックのおつまみに、いつでも持ち出せて重宝します。

秋バージョンのピクルスといった感じ。

 

マッシュルームのマリネのつくり方

瓶詰めにしておけば、いつでもピクニックに持って行けます。

分量は、160mlのWECK2つ分です。

  • マッシュルーム 150 g
  • レモン汁 小さじ 1
  • 玉ねぎ 小さじ 1 (みじん切り)
  • オリーブオイル 50 ml
  • 白ワインビネガー 50 ml
  • 塩 ひとつまみ
  • 胡椒 適量
  • ドライハーブ 適量 (タイム、オレガノなどお好みで)
  • にんにく 1瓶につき1片
  1. 小さいマッシュルームなら丸のまま、大きければ1/2か1/4にカットして、かぶるくらいの水とレモン汁で5分ほど茹でる。キッチンペーパーで水気を切る。
  2. オリーブオイル、白ワインビネガー、玉ねぎ、塩、胡椒、ドライハーブを鍋に入れて火にかけ、一度沸騰させる。
  3. 消毒した保存瓶に、にんにくを1片ずつとマッシュルームを均等に詰め、マリネ液を注ぐ。マッシュルームがマリネ液から出るようなら、オリーブオイルを注ぎ足す。
  4. 密閉して完成。