Skip to content

かぼちゃとシナモン
秋のポタージュ

-この記事は「時には木陰に寝ころんで」より、引っ越ししてきました-

 

陽射しはあるのに、空気が冷たい。

今日は久しぶりに冬を思い出すような気候でした。

いよいよハロウィンが近づき、かぼちゃを使ったレシピを探している人も多いのではないでしょうか。

ピクニックにも持って行けるように、保存瓶に入れたポタージュのレシピです。

 

 

かぼちゃのポタージュ

かぼちゃ畑のジャック・オ・ランタン

もう10年以上も前になりますが、アメリカに留学していたことがあります。

現地の文化を体験するということで、ハロウィン前にかぼちゃ畑に行き、ジャック・オ・ランタンを作りました。

 

開拓時代のような幌馬車に乗り、あたり一面、見渡す限りのかぼちゃ畑の真ん中へ。

アメリカの大地の広いことといったら!

その中からひとつ、かぼちゃを収穫してジャック・オ・ランタンを作りました。

 

かぼちゃは皮が硬いから、どんなふうに顔を彫るのだろうと不思議ではありませんか?

実はかぼちゃの中にはジャック・オ・ランタン用に栽培される品種があり、身も皮も薄いので、ナイフを入れるとサクサク切ることができます。

日本で食べるかぼちゃとは違い、皮もオレンジ色。

 

ジャック・オ・ランタンができあがる頃には、すっかり日が暮れていました。

いくつものジャック・オ・ランタンに火が灯され、その中心には焚き火。

このとき初めて、焚き火でマシュマロを焼いてスモアを食べました。

あたりには寒くて澄んだ空気と、暗い森。

そして空を見ると、なんとオーロラが。

 

かぼちゃとシナモン 秋のポタージュ

かぼちゃのポタージュはよく作りますが、なんだか最近マンネリぎみ。

ちょっと秋らしく、スパイスを加えてみることにしました。

 

かぼちゃに合うスパイスといったら、まず思いつくのがシナモン。

かぼちゃのクッキーやタルトなど、お菓子にもよく使われています。

さらにシナモンには体を温める作用があるので、寒さを感じはじめるこの時期にぴったり。

 

もうひとつくらいなにか入れたいな、と思いつつキッチンを探してみると、キャラウェイシードがありました。

以前ザワークラウトを作ったときに買って、それ以来忘れられていたものです。

これも入れてみよう。

 

 

アメリカで作ったジャック・オ・ランタンみたいなきれいなオレンジ色にしたくて、牛乳は入れていません。

さらににんじんを入れて、より鮮やかに。

 

ハロウィンパーティやピクニックに手軽に持って行けるよう、保存瓶に詰めてみました。

顔を付けたら、ジャック・オ・ランタン!

この顔はジャック・オ・ランタンの顔をプリントアウトして、目・鼻・口の部分を切り取って、テープで貼っています。

 

 

かぼちゃとシナモン 秋のポタージュのつくり方

ジャック・オ・ランタンみたいな、きれいなオレンジ色のポタージュです。

  • かぼちゃ 1/4 こ
  • にんじん 1 本
  • シナモン 小さじ 1/2
  • キャラウェイシード 小さじ 1/2
  • ローリエ 2 枚
  • オリーブオイル 大さじ 2
  • 水 600 ml
  • 塩 小さじ 1
  1. かぼちゃは種とワタを取り除いてひと口大の乱切りにし、皮を取り除く。にんじんは皮をむいてひと口大の乱切りにする。
  2. かぼちゃとにんじんをボールに入れ、シナモン、キャラウェイシード、塩&胡椒(分量外・適量)を振りかける。オリーブオイル大さじ1を加えて、よく混ぜ合わせる。
  3. 180℃に予熱したオーブンで25分、串がささるくらい柔らかくなるまで焼く。
  4. 鍋にオリーブオイル大さじ1、かぼちゃ、にんじん、ローリエ、塩、ひたひたより少ないくらいの水を入れて火にかけ、蒸し煮にする。
  5. 野菜が煮崩れてきたら、残りの水を入れて煮込む。
  6. ローリエを取り出して、ヘラかスティックブレンダーでポタージュにする。とろみが付きすぎるようなら、水を加えて好みの濃度に調整してください。そのあと塩・胡椒で味を整えます。盛り付けたら、シナモンパウダーを振りかけて召し上がれ。