Skip to content

ナッツのメープルシロップ漬けとドライフルーツのブランデー漬け

-この記事は「時には木陰に寝ころんで」より、引っ越ししてきました-

 

気が付けば、もう12月。

そろそろホリデーシーズンにむけて準備を始めなければ。

今年はナッツのメープルシロップ漬けとドライフルーツのブランデー漬けを仕込みました。

 

冬のはじめの瓶しごと

クリスマスソング解禁

私はおうちが大好きなので、なにか用がない限り外には出かけないのですが、そんな私でも気が付くくらい、街はクリスマスカラーに染まっています。

いつの間に冬が来たのでしょう!

どうりで寒いはずですね。

 

世の中はハロウィーンが終わったと同時に、次の日の朝にはもうクリスマス仕様のディスプレーになっているので驚きますが、自宅でクリスマスソングをかけるのは12月に入ってからと決めています。

皆さまそれぞれ思い出のクリスマスソングがあると思いますが、やはりクラシックなクリスマスソングはいいものです。

jingle bell、joy to the world、we wish you a merry christmas、o holy night‥。

 

小さいころ、クリスマスソングをかけながらツリーを飾ったり、ケーキを焼いたりしたっけ。

子どもの私以上に張り切っていた母を思い出します。

 

最近のクリスマスによく聞くのは、snowy dayという、雪とクリスマスのワクワクを感じられるきれいなハーモニーの曲。

実は同名の映画のテーマソングでもあり、最初にこの曲を知ったのは映画からでした。

かわいいアニメーションでおすすめ。

 

もうひとつ、こちらは名曲と言われていますが、やはりwalking in the airは外せません。

映画スノーマンの曲です。

この曲を聞くと、いよいよ冬本番。

 

冬を越す準備

12月に入ってクリスマスソングが解禁になると、途端に忙しくなります。

クリスマスのごちそう、シュトーレン、そしてプレゼント。

 

ヨーロッパの冬は長く、人びとは夏のあいだに収穫した食べものを加工して、冬を越すために蓄えていました。

夏のベリーはジャムに、ハーブはドライに、秋の木の実はシロップに漬けたり、ペーストにしたり。

りんごを絞ったアップルサイダーは、冬のあいだじゅう飲めるおいしいビタミンドリンクです。

 

クリスマスが1年でいちばん夜が長い冬至に重なるのは偶然ではありません。

キリスト教が広まるもっと昔は、この日を境に徐々に回復していく太陽を祝うお祭りだったのです。

 

イギリスで伝統的に食べられているクリスマスプディングは、なんとクリスマスの5週間前から準備されます。

ドイツのシュトーレンは4週間前から毎日少しずつ食べ、クリスマス当日を迎えます。

 

親しい人に贈るプレゼントの準備は何週間も前から。

ニットを編んだり、木のおもちゃを彫ったり、絵を描いたり。

これからやってくる寒い冬を温かく過ごせるように、心をこめて作ったのでしょうね。

 

ナッツのメープルシロップ漬け

はじめはナッツのはちみつ漬けを作ろうと思っていたのですが、最近ではいろいろなお店でよく見かけるし、クリスマスだからもう少し特別なものを作りたいと思いました。

ドライフルーツを加えて華やかにしようかな、と考えていたところに、お店でたまたま見かけたメープルシロップ。

クリスマスのモチーフのひとつとして知られる楓は、英語でメープルです!

 

自分で作るのだから、ナッツも好きなものを。

定番のクルミとアーモンドに、ヘーゼルナッツも欠かせません。

それと見た目のアクセントとして、グリーンのピスタチオ。

 

まだ仕込んだばかりで食べられませんが、ふたを開けるとメープルシロップの甘い香りに負けないくらい、ナッツのいい香りがします。

その香りに釣られてか、夫は隙を見てつまみ食いをしているようです。

ドライフルーツのブランデー漬け

洋酒漬けとひとことで言っても、いろいろなお酒で作れます。

よくあるのはラム酒で作るラムレーズンでしょうか。

ラムはサトウキビから作られる蒸留酒で、カリブ海の海賊たちが樽で飲みそうなお酒です。

 

おいしいに違いありませんが、クリスマスらしくないので今回はラムではなく、ブランデーにしてみました。

ブランデーはぶどうを蒸留したお酒ですから、クリスマスにも似合います。

 

今回のドライフルーツは、いちじく、プルーン、クランベリー。

他にアプリコットやオレンジピールなどを入れてもおいしそうです。

 

ほどよく馴染んだら、クリスマスシーズンのパウンドケーキにする予定。

クリスマスって当日も楽しいけれど、そのための準備がまた楽しいのですよね。