Skip to content

札幌でピクニック
ハサミヤのサンドイッチ

-この記事は「時には木陰に寝ころんで」より、引っ越ししてきました-

 

ピクニックに行くとき、いつもならサンドイッチやおやつなどを用意して行きますが、旅先ではどこかで調達することになります。

札幌でピクニックをするときは、ハサミヤと決めています。

 

札幌でピクニック

11月の札幌

北海道に遊びに行くとき、多くの人にとってまず思いつく季節は夏ではないでしょうか。

涼しくて爽やかな北海道で過ごす夏は、さぞかし快適なことでしょう。

広大な大地が広がり自然がすぐそこにある北海道ですから、ラベンダーが一面に咲く初夏や、豪華な紅葉が楽しめる秋も人気です。

 

そして忘れてはいけないのが、冬。

サラサラのパウダースノーが降る北海道は、最近では海外のスキーヤーやスノーボーダーにとっても憧れらしいのです。

ウィンタースポーツをしない人にとっても、札幌大通公園の雪まつりは有名ですよね。

 

どの季節に行っても楽しめる北海道ですが、はっきり言って11月は見どころが少ないかもしれません。

おそらくニューイングランド地方だと思うのですが、アメリカの言い回しで「ないないづくしのノーベンバー(NO-vember)」というものがあります。

11月は植物も枯れ、収穫物もなく、曇りがちで太陽もないことから、「ない」を意味するNoと、11月を意味するNovemberがかかっているのです。

 

東京では11月はやっと涼しくなって空気がきれいになり、ちらほらと紅葉が始まる気持ちのいい季節なのでまったく当てはまらない言い回しですが、寒くてどんよりと曇った札幌の空を見て、つい思い出しました。

 

そんな11月の札幌に来たのは、ただひたすらおいしいものを食べてゆっくりするため。

混雑の苦手な私たちは、紅葉が終わって雪はまだ、大通公園ではオータムフェストが終わってイルミネーションはこれからという、ちょうど狭間を狙って行きました。

観光という点では、まさに「ないないづくし」の時期に当たりますが、おかげで久しぶりにゆっくりとした時間を過ごすことができました。

 

 

ハサミヤ

私たちはマイルを使って毎年北海道へ遊びに行っているのですが、札幌に行くと必ず行くお店が2軒あります。

ひとつは寿司 懐石処 光(ひかり)。

まるで祖父のように温かくもてなしてくれる大将が握ってくれるお店で、気取ったところがまったくなく、私たちのような若輩者でも気持ちよく食事をさせてもらえます。

 

もうひとつが、サンドイッチのハサミヤ。

テイクアウトしてハイキングのランチに持っていったり、朝のお散歩がてら公園で食べたりしています。

 

リピートするようになったのは、サンドイッチのおいしさもさることながら、そのセンスの良さ。

たとえば今回は11月限定のアップルポークのサンドイッチなんてのがありました。

ね、おいしそうでしょ。

 

 

温かいサンドイッチは注文してから作ってくれるので、出来上がるまでのんびりと待ちます。

私たちはいつもテイクアウトなのですが、イートインもできるようです。

 

ハサミヤのサンドイッチを持って、都会のオアシス中島公園でピクニックをしました。

ハサミヤから中島公園まで、歩いていける距離なのもいいところ。

 

買ったサンドイッチは、11月限定のアップルポークと定番のグリルドマッシュルームチーズ、それとホットのコーヒーと紅茶です。

バナナブレッドはいつも惹かれるのですが、夫からの評判がいいりんごのマフィンをおやつに持ってきていたので今回はおあずけ。

 

 

ピクニックコンサート

11月の中島公園のピクニックはとても寒くて、実はあまりゆっくりできませんでした。

せっかくのピクニックをのんびり、ごろごろと楽しみたいなら、やはり夏がよさそうです。

札幌は大都市なのに、ちかくに大きな公園や森、山がたくさんあり、ピクニック好きにとっては羨ましいかぎり。

 

そんな札幌でぜひ行ってみたいピクニック、それはPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)!

PMFとは、毎年夏に札幌で開かれるクラシックの祭典のこと。

PMFのイベントのひとつに、ピクニックコンサートというのがあるのです!

 

札幌芸術の森にある野外ステージで、クラシックの演奏を聞きながら芝生に寝ころんでのんびり。

これ以上の贅沢なピクニックがあるでしょうか。

しかも演奏するのは、世界各地から選抜された音楽家の卵たち。

基本的には個人で静かにするピクニックが好きですが、PMFには一度参加してみたいです。