Skip to content

イギリス流ピクニックに欠かせないピクニックバスケットの話

-この記事は「時には木陰に寝ころんで」より、引っ越ししてきました-

 

柳を編んだバスケットに、たっぷり詰まったごちそう。

想像しただけで楽しい気分になってきます。

英国流ピクニックに欠かせないバスケットと、気になるその中身についてのお話です。

 

イギリス流ピクニックバスケット

フォートナム&メイソンのピクニックバスケット

ピクニックバスケットの歴史の中で重要な役割を果たしたのが、フォートナム&メイソンです。

フォートナム&メイソンはイギリスにある創業1707年の老舗百貨店で、日本でも紅茶やジャムなどで知られています。

 

フォートナム&メイソンのバスケット第1号は1730年代後半、ある裕福なお客さんのために作られました。

その人は、所有している郊外の土地に旅行するとき、あるいは温泉で有名なバースへ遊びに行くときに持っていくバスケットが必要だったのです。

さらに道中の宿で出される食事は粗末なことが多いため、そのバスケットをおいしい食べものでいっぱいにしておくよう頼みました。

 

バスケットの中身はジビエのパイ、焼きたてのパン、酪農が盛んな南西部のバター、フォートナム&メイソンが発祥のスコッチエッグ、チーズ、温室栽培の果物、フルーツケーキ、ミネラルウォーターとビールの小瓶、そして栓抜きだったそうです。

 

イギリスではバスケットのことをハンパーとも言います。

そしてハンパーとは同時に、食べものやちょっとした小物を詰めあわせたギフトのことも指します。

 

たとえばクリスマスにはクリスマスプディングやワインを詰めあわせたクリスマス・ハンパー、結婚式の贈りものにはチョコレートやシャンパンのハンパーといった具合。

ピクニック用の食器などがセットされている、いわゆるピクニックバスケットのことは、ピクニック・ハンパーと呼んで、ギフトと区別しています。

 

ビートン夫人のピクニックバスケット

さて、ピクニックバスケットの中身について、もうひとつお話があります。

フォートナム&メイソンのバスケットには、あらかじめ素晴らしいごちそうが入っていたので困ることはありません。

しかし自分でごちそうを用意するとなると、なにを持っていったらいいでしょうか。

 

実は英国流ピクニックの理想形として、この問いにはひとつの答えが存在します。

それは1861年にイギリスで出版された、「ビートン夫人の家政読本」。

 

ビートン夫人というのはヴィクトリア朝時代の女性で、彼女の著書である「ビートン夫人の家政読本」は、なんと出版から150年以上経った今でも販売されているほどのロングセラー!

お料理のレシピや部屋をきれいに保つコツ、子育ての秘訣や家計のやりくりなど、現代の女性誌さながらの内容で、当時から現代まで、主婦のバイブル的な存在といえます。

この本の中に「ピクニックバスケットに忘れずに入れるもの」という項目があり、ヴィクトリア朝時代のピクニックの王道を垣間見ることができます。

 

たとえばメインの食事にはローストビーフ、ローストチキン、骨付きラム、鳩のパイ、ロブスター。

甘いものは瓶詰めにしたフルーツコンポート、ペストリー、ブラマンジェ、プラムプディング、ビスケット缶、各種ケーキと盛りだくさん。

他にもパン、チーズ、フルーツ、さらにはドレッシング、マスタード、塩、こしょう、砂糖などがラインナップされています。

 

飲み物はエールビール、シャンパン、軽めのワイン、ブランデー、シェリー、レモネード、そして紅茶。

コーヒーは淹れるのが難しいのでピクニックに向いていないと書かれているところが、いかにもイギリスらしくて面白いです。

 

ピクニックバスケットいろいろ

 

 

私が持っているピクニックバスケットは、籐を編んで作られています。

色はナチュラル、蓋を留めているレザーも明るいブラウンです。

蓋を開けると、裏側にプレートを固定するベルトが付いていますが、プレート自体は付属していません。

 

何年も前に買ったものなので、そろそろ新しいバスケットが欲しいと思い始めています。

狙っているのは、英国製の本格的なピクニックセット。

柳でできていて、少なくともプレート、ワイングラス、カトラリーがセットになっているものが理想です。

 

私が持っているバスケットのように食器を留めるためのベルトだけ付いているものは、手持ちの食器がちょうどよくセットできない場合があります。

大きさ、形、厚みなど、結局はジャストサイズのものを市販品で探すことになりかねません。

 

食器だけでなく、その食器をしまうケースが付いているものもあります。

食器をケースにしまって、さらにそれをバスケットにしまうのです。

なんだかまどろっこしくて、いかにもイギリスらしいではありませんか。

ほかにもブランケットやナフキンが付いているもの、飲み物を入れるためのボトルが付いているものもあります。

 

変わったところでは、ピクニックでワインを楽しむためのバスケットというのがあります。

ワインボトルがちょうど入る長さで、ボトルを固定するためのベルトが付いています。

さらにワインと一緒に食べるために、チーズナイフとカッティングボードもセットになっています。