Skip to content

P.E.I.流ピクニックの極意とピクニックメニュー-赤毛のアン-

 

手違いによって孤児院からやってきたアンが、カナダ・プリンスエドワード島の美しい自然の中で成長していく名作「赤毛のアン」。

りんごの花が咲き誇る歓喜の白路や、袖の膨らんだドレス、バラとシダで飾ったお茶のテーブルなど、それはいったいどんなものだろうと想像しながら憧れたのを覚えています。

大人になってからも何度となく読み返しては、アンと一緒に想像の世界へ。

アンが楽しんだピクニックをご紹介します。

 

赤毛のアンのピクニック

楽しみに待つということ

バスケットに詰めていく食べものの心配をしたり、ピクニックに着ていく洋服について悩んだり。

アンにとって初めてのピクニックはどれほど楽しみだったことでしょう。

ピクニックまでの一週間というもの、ずっとピクニックを夢見て過ごしたのでした。

 

雨が降ったり、風邪をひいてしまったり、予期せずピクニックが中止になってしまうこともあります。

もし当日そのようなアクシデントが起こってピクニックに行けなくなったら、生涯の悲しみになる、と大げさなアンは言っています。

 

アンと同じようにピクニックを楽しみにしている私たちにとっても、アンの言葉が役に立つと思い、以下に引用します。

 

なにかを楽しみにして待つということが、そのうれしいことの半分にあたるのよ

赤毛のアン ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳

 

ほんとうにならないかもしれないけれど、でも、それを待つときの楽しさだけは、まちがいなく自分のもの

赤毛のアン ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳

 

アンのこの言葉は、ピクニックだけでなく人生を楽しむための秘訣のような気がします。

さあ、安心してピクニックを楽しみに、期待して待ちましょう!

 

初めてのアイスクリーム

アンがこれほどまでにピクニックを楽しみにしている理由のひとつに、アイスクリームがあります。

アンはこれまでの人生でアイスクリームを食べたことがありません。

アイスクリームについて親友のダイアナに聞いてみるもよくわからず、空想が得意のアンにとってもなにやら想像以上のものらしいのです。

 

アンの時代は薪ストーブで料理をつくる時代。

もちろん冷凍庫などなく、アイスクリームは特別な食べものだったに違いありません。

 

アイスクリームって、言語を絶したものだわ、マリラ。まったく崇高なものね

赤毛のアン ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳

 

アンのピクニックメニュー

残念なことにアンがピクニックに持って行った食べものについて、物語には“焼いたものがどっさり”という以外に詳しい説明はありません。

 

しかし「赤毛のアン」の作者であるL.M.モンゴメリが実際に使っていたレシピ集が残っており、その当時ピクニックに持って行った食べものについて想像することはできます。

きっとこんなメニューを持って行ったのではないかしら?

 

チキンサンドウィッチ

モンゴメリはでき上がったサンドイッチを対角線でカットして、三角形にしていたそうです。

 

モック・チェリーパイ

日本語にすると、「まがいチェリーパイ」!

チェリーが入っていないのに、チェリーパイの味がするのだそう。

代わりに入っているのはレーズンとクランベリー。

チェリーが手に入らないときでも、マリラがアンのために工夫して作ってくれそうなパイです。

 

レモン・クランブルズ

モンゴメリはレモン味のケーキが好きだったようです。

 

ブラウンシュガー・アイスクリーム

アンが楽しみにしていたアイスクリーム!

レシピによると、アイスクリームフリーザーをひたすら手で回して作ります。

乳製品と卵でつくる本物のアイスクリームは、どれほどおいしいのでしょう!

 

ティーパンチ

夏のピクニックには、さわやかなティーパンチがぴったり。

 

 

メニューの参考:赤毛のアン レシピ・ノート

        他にもいろいろなレシピが載っていておすすめ。

 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です