信州に移住してはじめての冬。

いったいどれだけ寒いのか、そしてどれだけ厚着をすればいいのか。

移住前はあれこれと心配していたのだけど、実際のところは‥。

 

冬の信州での服装

地元の人は薄着

紅葉のころ、八ヶ岳山麓の最低気温はすでにマイナスを記録していた。

この記事にも書いたのだけど、東京の真冬くらいの寒さだと感じた。

 

それなのに地元の人は、ネルシャツにジーンズという、まるで東京の秋みたいな恰好。

私はすでにニットにコートまで着ているというのに。

 

さてはこれから来る冬に備えて、装備を温存しているのだな。

 

と思っていたのだけど、年が明けても一向に、彼らは厚着をしないのだ。

例えば駅前にてウォッチングしていると、人々の服装はおおかた次のようなかんじ。

女子高生はミニスカート、コート無し。

OLさんもコート無しの制服のまま、ストッキングにパンプスでおつかいに出ている。

ダウンコートの人だ、と思ってよく見ると、前を開けている。

 

たしかに今年は暖冬と言われているけれど、それにしても東京の人より薄着ってどうしてなの。

普通に朝晩は氷点下まで下がるし、晴れていても空気は冷たいのに。

寒さへの耐性があるのだろうか。

 

一方で沖縄の人は寒さに憧れて、ファッションでダウンやブーツを着るらしい。

信州と沖縄、装備が逆に思えてならない。

 

移住者の信州での冬服

そろそろ大寒、一年でいちばん寒いと言われる頃だ。

現在のところ、信州の冬に備えて買った装備、あるいはたまたま持っていてよかった装備は以下。

 

ウールの厚手くつ下

東京時代のパンプスでは履けない厚手のウールくつ下。

こっちではパンプスは履かないので問題なし。

ノースフェイスのヌプシとセットで暖かい。

 

各種レギンス

ウール、ヒートテック等、素材違いで各種。

デニム、ウールパンツ、スカート、ワンピース、なんの下でもとりあえずレギンスを装備している。

タイツでなくてレギンスなのは、レッグウォーマーや厚手くつ下など他のアイテムと組み合わせやすいから。

 

ハラマキ

かれこれ5年くらいは、なんらかのハラマキをして生活している。

信州では断然ウールのハラマキ。

洗い替えが欲しい。

 

ざっくりニット

東京時代は満員電車とかで暑くて、体温調整が難しかったボリュームニット。

すぐに暑くなっちゃうし、暑いからってぬげないし。

こちらでは車移動が基本なので電車に乗らなくなり、体温調整がラクになった。

1枚でしっかり暖かいから、あとは風雨を防げる上着を着れば充分。

 

ノースフェイス ヌプシ

以前もこの記事に書いたように、冬の最強ブーツだと思っている。

ヘビロテ。

 

より暖かく過ごすために、これから欲しい装備は次のとおり。

スリッパ

東京時代からスリッパは履いているけど、普通のスリッパでは寒いよ、信州。

足首までモコモコしていて、なおかつソールが厚いものがいいと思う。

 

手首ウォーマー

パソコンしていると意外と手が冷える。

手の甲から手首にかけて暖めたい。

 

信州の寒さ

信州といっても広いので、私が住んでいる八ヶ岳山麓のことになるのだけど、ここらへんは年間を通してよく晴れる。

地元の人もそのことについてとても信頼を置いているようで、雪が積もってもあまり雪かきをしない。

翌朝の太陽で勝手に溶けてしまうからだ。

 

それだけ晴れると、太陽の熱が暖かい。

昼間は太陽の動きに合わせて部屋を移動し、ぽかぽかと陽だまりを楽しんでいる。

 

ただし空気は冷たい。

部屋にいるぶんにはよくても、窓を開けるとびっくりするくらい冷たい空気が入ってくる。

それは太陽が出ている日向であっても。

だから晴れているなかを、チラチラと雪が舞うこともよくある。

 

純粋に空気が冷たいのは北海道の寒さと似ていて、外に出ている部分が寒くて痛い。

だから冬の信州に来る人は、手袋はもちろんニット帽とか耳あてもお忘れなく。