Skip to content

11月の蓼科は冬の服装で!

最低気温1℃、東京の真冬並み

近ごろの蓼科の最低気温はだいたい1℃~3℃くらい。

東京でいうところの真冬です!

 

紅葉狩りや温泉などで蓼科方面にいらっしゃる方、あたたかい服装で来てくださいね~。

日中は晴れていれば、長袖インナー+薄手ニット+上着で大丈夫です。

ただし日陰はひやりとしますので、マフラーなどの巻物があるといいかも。

 

朝晩は冷え込みます。

ライトアップとかで出歩く場合は、厚手ニット+しっかりコート+マフラー+手袋まであったほうがいい。

ふつうに息が白いです!

あと霜も下りています!

 

初ストーブは10月26日

信州に移住して、灯油ストーブを購入しました。

以前住んでいた東京のマンションは灯油NG。

信州でも物件によっては使えないこともあるのでしょうが、この家は灯油OK!

そもそも給湯も灯油だし。

この冬はぜひ灯油ストーブを!と楽しみにしていたのでした。

 

 

そうはいっても、10月中にストーブとは、ちょっと早すぎるような気がしませんか?

ちなみに掛布団を冬用の羽毛に替えたのは、信州に引っ越してきたその日の9月26日!

早い!

 

 

だけど灯油ストーブって、本当にびっくりするくらい暖かい‥!

我が家の場合、トヨトミ木造17畳用のストーブで、LDK、玄関、吹き抜けを経由した2階まで暖まります。

もちろん家自体の断熱とか、体感も人それぞれ違うので一概には言えませんが。

 

もともと暖房ガンガンにしてTシャツ1枚というスタイルは好きではなく、寒くない程度に暖房をして、ニットやひざ掛け、暖かい靴下なども装備します。

だいたい室温20℃くらいあれば十分な気がしています。

 

とはいえ灯油ストーブはパワフルで、気付くと23℃くらいになっていることも。

 

ストーブで焼きいも

灯油ストーブでやってみたかったことのひとつ、焼きいも!

冬に実家に帰ると、母がストーブのお芋をころころとお世話して、おいしい焼きいもをつくってくれます。

 

よく洗ったお芋を濡らしたキッチンペーパーでくるみ、さらにアルミホイルでくるみます。

そしたらストーブの上で上下左右を返しながら、1面10分を計4面。

こんなに簡単なのに、どうしてあんなにおいしい焼きいもができるのか不思議。

 

ついに自分の家でも焼きいもができるのがうれしくて、そしてその焼きいもがまたおいしくできるから、すでにこの冬に入ってから何度も作って食べました。

 

日差しは暖かい

そんな具合で朝晩は冷える蓼科ですが、日中は暖かいのです。

日の当たる窓辺に温度計を置いてみたところ、30℃くらいまで上がっていました!

 

だから晴れている日は、朝10時くらいにはストーブを消してお日様のぬくもりに浴します。

そして日がかげる夕方4時くらいから、またストーブ。

 

蓼科のあたりの特徴なのか、それとも全国的に近ごろはそうなのかわかりませんが、ここのところずーっと晴れています。

だけど日がかげると一気に寒くなることを考えると、今後の雨や雪の日、いや、くもりの日でさえ、今から怯えています‥!

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です