Skip to content

旧軽井沢周辺の観光スポット

軽井沢といえば、有名なのは旧軽井沢銀座。

お土産を買ったりソフトクリームを食べたりとお楽しみが満載です。

すぐ近くにはショー記念礼拝堂や雲場池などの観光スポットも。

旧軽井沢周辺で半日しっかり楽しむためのおすすめスポットをまとめてみます。

 

 

旧軽井沢のみどころ

軽井沢の自然と文化を楽しむ

雲場池

かつて渡りの途中の白鳥が訪れたことから別名「スワンレイク」とも呼ばれている雲場池。

今は白鳥ではなく、カモの家族が住んでいます。

標高1,000mの軽井沢で静かに水をたたえる雲場池は、地元の人や別荘族のお気に入りでもあります。

 

澄んだ水面と池を囲む森が見渡せる入口付近は絶好のシャッターポイントですが、そこで終わらずに池の周囲を巡る散策路もぜひ歩いてみてください!

木々がきもちいい木陰を作り、土のにおいを感じることができます。

夏の清々しい緑、秋のゴージャスな紅葉、冬のシンとした雪景色など、季節ごとにそれぞれの表情が楽しめます。

 

旧軽井沢全体について言えることですが、きちんとした小道でも雨上がりや朝などはぬかるんでいることが多く、ヒールの細い靴は歩きにくいので注意が必要です。

By: Nao Iizuka
By: Nao Iizuka

 

旧三笠ホテル

1905年に西洋風のホテルとして建築された旧三笠ホテルは、国の重要文化財に指定されています。

各界の著名人が宿泊し「軽井沢の鹿鳴館」と呼ばれた当時の、贅沢で華やかな建物や調度品の数々にうっとり。

木骨様式のシンメトリーな建物はまさに西洋美。

豪華な白い窓枠がレースのように優雅です。

 

インテリアや調度品も当時のままに残されていて、レトロな照明や優美な吹き抜け階段など見どころ満載。

当時としては超贅沢品のバスタブや水洗トイレなどを見ていると、古き良き時代の上流社会を垣間見ているような気がしてきます。

向こう側がゆらゆらとゆがんで見える昔のガラス窓から外の景色を眺めるのもまた一興。

 

旧三笠ホテルへ行くなら、その道中もぜひ楽しみたいものです。

旧ロータリーから旧三笠ホテルへ向かう途中にある道は「三笠通り」と呼ばれていて、見事なカラマツの並木道になっています。

もともとは軽井沢と草津を結ぶ「草軽電気鉄道」の線路跡だったとか。

森林浴の気分でサイクリングしてみてはいかがでしょうか。

By: Dal Lu
By: Dal Lu

 

ショー記念礼拝堂

旧軽銀座の先にある小さな木造の教会がショー記念礼拝堂。

ショーさんというのは軽井沢を避暑地として見出したカナダ人宣教師で、現在の文化的でクリーンな軽井沢があるのはショーさんのおかげと言われています。

 

森の中にあるこのシンプルな教会は、ショーさんがキリスト教布教の拠点にしていた場所。

軽井沢に数ある教会のなかでも最古の教会です。

まるで周囲の森に守られているような、どことなく穏やかで静かな時間が流れ、おもわず神聖な気持ちに。

 

教会の右を抜けるとショーハウス記念館があります。

これはショーさんが建てた軽井沢の別荘第1号。

内部は当時の家具や資料などが展示され、外国宣教師たちの生活を知ることができます。

39165ce9bbb30ffd3d67ce627d83cfc8_s

 

優雅にランチ

Pyreness(ピレネー)

おしゃれな六本辻でひときわ目を惹くレストラン。

軽井沢へ行くたびにお世話になっています。

暖炉でじっくり焼くお肉が名物で、新鮮野菜を使った前菜のビュッフェがついてくるランチが人気。

週末は行列になっていることもあります。

写真 2015-03-10 20 08 11

 

シェ・マリー

有名なパン屋の浅野屋の奥にひっそりと隠されている洋食屋さん。

歴史ある古い喫茶店のように、ちょっとかすれた雰囲気がいい味出しています。

ここで食べたいのは浅野屋のパンが付いてくるビーフシチュー。

王道の洋食からは、古き良き軽井沢の王道を感じることができます。

 

川上庵

お蕎麦屋さんと聞いてびっくりするほどおしゃれでモダンな川上庵。

いつもお客さんで賑わっています。

サラッとお蕎麦だけ食べて帰る人は少ないようで、天ぷらなどをつまみながら昼間から一杯やっている人を多く見かけます。

 

旧軽銀座でおみやげ

ジャム小林

外国人宣教師によって伝えられたジャムは軽井沢の名物で、旧軽銀座にもいくつかお店があります。

私が好きなのは通りの一番奥にあるジャム小林。

ロシア人から伝えられたと言われるレシピを今も守り続けていて、果実のフレッシュさが残る素朴な味わいがいいのです!

 

定番のイチゴジャムやブルーベリージャムもありますが、私のお気に入りはルバーブとレーヌクロード。

どちらも甘酸っぱくてキュンとしたおいしさです。

秋になると紅玉のジュレなんていうデリケートなものもお店に並び、どのジャムにするか惑わせます。

 

 

軽井沢デリカテッセン

日持ちしないのであまりたくさんは買って帰れませんが、軽井沢デリカテッセンにも必ず寄ります。

買うのはスライスソーセージ5種セットとレバーペースト。

軽井沢旅行から帰った日の夜に、楽しかった思い出に浸りつつ、ワインと一緒に楽しみます。

すっきりとしたシンプルな店内は新しいお店のようですが、実は以前の店舗が奥にある老舗デリなのです。

 

ちもと総本店

夏はかき氷で行列ができます。

だからかき氷のお店だとばかり思っていましたが、ちもと餅という和菓子も有名なお店でした。

 

ふわんふわんの黒糖のお餅にクルミが入った癖になる味。

口に入れるとふわりととろけ、クルミのアクセントが効いています。

竹の皮にくるまれていて、お土産にぴったり。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です