Skip to content

軽井沢のおいしいお土産

軽井沢にはどうしてこんなにおいしいものがたくさんあるのでしょう。

お土産を買うつもりが、気が付くと自分用にも買ってしまう、お気に入りのお土産をご紹介します。

家に帰ってからも軽井沢の余韻を楽しめるよう、少し多めに‥。

 

軽井沢デリカテッセン

明治時代から、外国人避暑客で賑わっていた軽井沢。

彼らのお腹を満たすため、早くから西洋風の食べ物が浸透していました。

その中のひとつが、ハムやソーセージ。

夏でも涼しい軽井沢の気候と相性がよく、彼らが伝えた保存食はいまでも軽井沢の名物です!

 

そんな軽井沢にあっておいしいと評判なのが、軽井沢デリカテッセン。

清潔感のある店内は、すっきりとおしゃれ。

ショーケースに美しく並べられたハムやソーセージたちもどことなく端正な顔をしています。

 

別荘族や地元の人たちはたっぷりと買っていきますが、旅行者におすすめなのは、5種類のハムのお試しセット。

家に帰ってからも、ビールで一杯やりながら軽井沢気分を楽しめます。

 

軽井沢デリカテッセン infomation

ジャム小林

軽井沢といえば、ジャムをお土産にするのは定番。

問題はどこのお店のジャムにするか、です。

 

こういうときに選ぶ基準になるのは、できるだけシンプルで飾り気がなく、それでいて洗練されているということ。

この条件に一番合う軽井沢のジャム屋さんは、ジャム小林だと私は思います。

 

50年ほど前に宣教師から譲り受け、大切に育てたルバーブから作られるジャム。

数軒の農家でしか栽培していないレーヌクロードのジャム。

わずかな時期しか味わえない紅玉りんごのエキスを、丁寧に集めたジュレ。

 

ジャム小林のジャムはシンプルだけど、その物語はとても個性的で洗練されています。

 

 

ジャム小林 infomation

 

和泉屋 傳兵衛(いずみや でんべえ)

クルミがころころ、ころころくるみ。

クルミとりんご、はちみつの優しい甘さと、シナモンのスパイス。

お土産用はカゴに入っていて、まるで森でクルミ拾いをしてきたみたい!

 

軽井沢に行くと、いつもみんなのお土産をここで買います。

ほろりとした食感と洗練された大人の味は、素朴だけど上品、そして洗練されています。

質素で信心深い宣教師から始まった避暑地軽井沢の歩みを、まさにあらわしているようなお菓子です。

 

和泉屋 傳兵衛 imformation

 

ちもと総本店

冬の間に作った天然の氷を氷室で保存し、夏に利用する。

山の軽井沢だからできる贅沢です。

その天然氷をかき氷にして食べられるのが、ちもと総本店。

夏ともなれば、かき氷を求めてお客さんが殺到します。

 

そんなちもと総本店のお土産はもちろんかき氷ではなくて、ちもと餅。

黒糖の素朴な甘さに、クルミの食感がアクセント。

ひとつひとつ竹の皮に包まれた、上品なお菓子です。

 

特筆すべきはその食感!

ふにふにと柔らかいちもと餅をやさしく口に運ぶのは、なにか壊れやすく大切なものを手のひらに乗せるような感覚に似ています。

 

ちもと総本店 infomation

 

万平ホテル

言わずと知れた軽井沢のクラシックホテル、万平。

このホテルを有名にしているのは、歴史と格式はもちろんですが、ジョン・レノンの存在も大きいのではないでしょうか。

毎年家族で軽井沢に来たときに、定宿にしていたと言われています。

 

ジョンの指導でメニューになったロイヤルミルクティを、今もそのままのレシピで出すのはホテルの中にあるカフェテラス。

お土産にしたいのは、このカフェテラスのアップルパイです!

 

 

ロイヤルミルクティと同様、ジョンもお気に入りだったアップルパイは、りんごの風味とシナモンの自然な甘さ。

サクサク感を蘇らせるために、食べる前にオーブンで温めて。

お家に帰ってからも軽井沢の余韻に浸れるよう、自分へのお土産に、万平ホテルのアップルパイ。

 

万平ホテル information

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です