Skip to content

賃貸でとりあえず移住してみる
メリットとデメリット

移住することと、素敵な家を手に入れること。

私のなかではほとんど同義語でしたが、最近少し考えが変わってきました。

最終的にはどちらも手に入れるとしても、それは同時でなくてもよいのでは?

そこで出てくるのが、移住して賃貸に住むという選択肢。

現在賃貸住宅に住んでいることを前提として、考えてみます。

 

賃貸でとりあえず移住してみる

 

移住におけるとりあえず賃貸のメリット

リスクの分散

自然豊かな信州に住むのですから、広いお庭で家庭菜園やハーブガーデンを作ってみたい。

そう思って土地や物件を探している人も多いはず。

私たち家族もそうです。

しかし思うような物件はやはりそれなりのお値段がするし、そもそも移住ではなく普通の住宅購入であっても、家は大きな買い物です。

 

家を買うときに、ほとんどの人は銀行からお金を借りてローンを組むと言われています。

30年とか35年とかという長い年月をかけてローンを返し続けるのですから、ほとんどの人にとって家を買うことは人生の重大なイベントなのです。

 

そんな1大イベントと、移住というこれまた大きなイベントを、1度に迎えるのは果たして得策でしょうか。

 

まずは賃貸で移住を済ませて落ち着いたころに、住宅購入という次のステップが見えてくる。

そういうフローもあるのではないかと、最近考えています。

 

初期費用が安く済む

家は大きな買い物だという話をしましたが、莫大なローンの他に、当然初期費用も必要になります。

物件価格の2割と言われる頭金、1割と言われる諸費用。

打ち合わせや建築中に現地に行くための交通費や宿泊費、そして引っ越し費用。

ざっと見積もっても、数百万円の貯蓄が必要です。

 

一方でまずは賃貸に住むことにすると、初期費用は敷金礼金と引っ越し費用くらいのもの。

数十万円です。

月々の家賃は現在東京で払っているより高くなることはまずないので、浮いたお金を貯蓄に回せます。

それでも都会では考えられないような庭付き一戸建てや、うっかりすると畑付き一戸建てなんていう物件もあったりします。

 

ひとまず賃貸に移住して、貯蓄に励みつつ現地の生活に慣れたころ、ゆっくりと家を建てる算段を始めればよいのです。

 

現地でじっくり物件探しができる

地元の知り合いが増え、土地勘が備わってくると、自分たちにとってのいい物件悪い物件の判断の精度が上がります。

また現地に住んでいると、フレッシュでレアな情報が入ってきます。

東京からネットで検索するだけでは辿りつけない、生きた情報に出会うチャンスが増えるのです。

 

さらにいいことには、春夏秋冬、晴れの日も雨の日も、朝昼夜と現地に身を置くことで、その地域で生きていくための勘のようなものを育てることができます。

そうすると、これという物件が出てきた時に、より多角的な視点からその物件を検証することができます。

 

たとえば冬のあいだはわからないけど、春になったら農薬を散布する畑の隣の土地。

夏になるとにおいが漂ってくる、牧場の風下。

近隣トラブルが絶えないお隣さんなど。

 

ネットでみつけて下見に行っても、気づくことのできない物件の特徴というものがあります。

理想的な物件だと思っても、時期や見方によってはその表情を変えることがあるのです。

とりあえず移住して現地に身を置いていれば、それらに気づく確立は上がります。

 

建築中にいろいろ便利

理想の土地がみつかっていよいよ家を建てるというとき。

近くに住んでいれば気軽に現地に行けるので、間取りや外構などの計画を立てるときにイメージしやすくなります。

これから建つ家を想像しながら自分の土地に立つ時間は、希望に溢れた楽しい時間になるでしょう。

窓から見えるであろう景色や、敷地内の植生など、細かい条件を加味したプランニングも可能になります。

 

プランが決まって建築が始まっても、地鎮祭や上棟式など何度も現地に足を運ぶ必要があります。

そうでなくても、自分の家が建つ様子を見たくはないですか?

昨日と比べて今日は、どれくらい家ができ上がっているかしら。

プランニングで悩んだあの部材は、うまく収まっているかな?

もともと家や建築が好きな私は、人生のなかでまたとない機会に、じっくりとその様子を見て味わいたいと思うのです。

 

なにかあったら戻ってこれる

移住したもののやっぱり都会に戻りたくなったときに、賃貸ならリセットが簡単です。

あまり考えたくないことですが。

 

見方を変えると、ひとまず賃貸で移住してみてから家を建てるかどうか考えるというフローを辿ると、自分と地域のミスマッチ、あるいはそもそも田舎暮らしに向いていなかったという失敗を防げると考えることもできます。

 

移住における賃貸のデメリット

家賃がもったいない

初めから家を買ってローンを払い始める場合と比べると、移住先での家賃分が余計にかかります。

ローンの支払いとして消化していく分が、家賃に消えていくからです。

 

ただし東京で高い家賃を払いながら頭金を貯めることに比べると、賃貸であってもひとまず移住してしまうという選択肢は、やはり残ります。

 

都会に比べて物件数が少ない

たしかに魅力的な賃貸物件は存在しますが、都会と比べると選択肢がとても少ないと感じます。

こまめにネットをチェックしたり、現地の不動産屋さんに問い合わせたりして、チャンスを逃さないようにアンテナを張っておく必要があります。

 

そうは言っても賃貸なので、いくらか気楽に構えることができます。

もし物件探しに失敗して変なところに住むことになっても、現地でまた探せばいいのですから。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です