Skip to content

移住したら中古住宅か新築か

信州に移住したらこんなおうちに住みたい。

と、八ヶ岳デイズを読みながらいつも妄想しています。

賃貸ではなく自分の家が欲しいのですが、中古物件を買うのと、土地を買って家を建てるのと、どちらがいいのでしょうか。

 

中古住宅か新築か

中古住宅は安いと思った

ここ1年ほど、気になっている中古住宅があります。

実はすでに内覧もさせてもらっていて、仕事の都合や金額が折り合えば購入しようと思っていました。

 

その物件は八ヶ岳西麓の別荘地にあり、標高は約1,400m。

住むならこんなところ、と私たち夫婦が気に入って物件を探していたエリアの範囲内です。

敷地は300坪以上、床面積約30坪の建物が建っています。

築年数は30年ちょっとで、金額は1,000万円を少し超えるくらい。

 

この条件で、この物件は安いでしょうか、高いでしょうか。

友人に話したところ、高いと言われました。

築30年を過ぎている建物の価値なんて実質ゼロだし、辺鄙な別荘地の土地にいくらの価値があるのか怪しいものだ、というのです。

 

たしかに友人の言うことにも一理あります。

しかし例えば同じ別荘地で土地を買うとなると、だいたい500万~800万円くらいします。

そこに30坪の家を建てると、2,000万円くらい。

ざっとした計算ですが、新築だと少なくとも2,500万円はかかる計算になります。

 

初期費用はできるだけ抑えて、住みながらDIYでリフォームするのもおもしろそう。

そういうわけで、中古住宅は新築に比べて安いと思ったのです。

 

リフォームが必要な中古住宅

築30年の家のリフォーム。

いったいどんな工事が必要になるのでしょうか。

 

見に行った物件は、現オーナーさんがきちんと手を入れて住んでいたようで、築年数相応の傷みや古さはあるものの、まだまだ住めるしっかりとした家でした。

しかし営業担当の方の話だと、屋根のメンテナンスと水回りの交換が必要です、とのこと。

 

それに加えて、私たちの好みからすると、全室カーペット敷きをフローリングにしたい。

薪ストーブを入れたい。

冬に備えて、断熱を強化したい。

など、理想の家に近づけるべく、大小さまざまな工事が必要となりそうです。

 

土地で決めるか、建物で決めるか

中古物件の購入を決断するにあたって、3つのパターンがあると思います。

土地が気に入った場合、建物が気に入った場合、土地も建物も気に入った場合。

 

土地も建物も気に入れば、それはもう購入すればいいでしょう。

問題は、土地か建物どちらかは気に入っているけれど、どちらかは妥協している場合。

 

私たちのパターンでいえば、建物は気に入っています。

土地は希望エリア内ではあるけれど、ここでなければ!という強い思い入れはありません。

なぜこの土地を?と聞かれたら、この建物がここに建っていたから‥というほかないのです。

 

すでに30年を経過しているような中古物件の場合はとくに、将来立て直しになる可能性があります。

そうなったときに、もっと条件のいい土地を探すのではなく、やっぱりこの場所に建て替えようと思えるような土地だといいですね。

 

土地だけなら選び放題

もっと条件のいい土地ってなんだろう。

私たちは移住してどんな暮らしがしたいのだろう。

建物のことは一旦置いておいて、希望エリアで土地を探してみることにしました。

 

すると驚いたことに、出てくる出てくる!

敷地面積も価格も、土地の個性もさまざま。

私たちの中古物件(まだ買ってないけど)に執着していたときには見えていなかった、豊かな選択肢が目の前に開けたのです!

 

私たちのような移住者も多いエリア。

温泉や公園が徒歩圏の、適度に便利なエリア。

敷地内に小川が流れている土地。

八ヶ岳が望める土地。

 

本当にさまざまな土地が売りに出ていて、目移りしてしまうほど。

価格もさまざまですが、あの中古物件のある別荘地の土地と変わらないか、少し高いくらいかな。

 

住宅性能の進化

気に入った土地に家を建てるとして、どんな家がいいでしょうか。

私はあの中古物件をすごく気に入っていて、これ以上の家なんて存在しないのではないかとまで思っていました。

でも自分で建てればいいのですよね、しかももっと快適な家を。

 

30年前と比べて、今は住宅の性能が良くなっています。

タイルのお風呂がユニットバスになった、とか、太陽光発電ができた、とかではないのですよ。

耐震性能についての基準が厳しくなり、エコ住宅にするために断熱性能が上がりました。

 

寒い八ヶ岳の冬でも快適に暮らせる技術が、いまはあるのです。

 

30年後の総額

肝心のお金の話です。

気に入った土地に、高性能の家を建てる。

夢のようなすばらしい話ですけど、現実問題としていくらかかるのでしょう。

 

見積りなどは取っていないので、ざっくりとしたイメージレベルの話としてご理解ください。

土地300坪1,000万円+建物30坪2,000万円、合わせて3,000万円。

 

一方中古物件購入の場合は、土地+中古建物1,200万円。

屋根、水回りのリフォームで一旦300万円。

その後も外壁、断熱、耐震、内装、キッチン、和室など、大小さまざまな改修が予想されます。

 

30年後、家にかかった費用をトータルで見ると、新築と中古どちらがより多くかかっているでしょうか。

これは私の予想ですが、中古建物を途中で建て替えない限り、新築のほうが少し高くついているのではないかと考えます。

その差額がいくらくらいなのか、今の時点で予測することは難しいでしょう。

 

しかし、初めから安全で快適な住み心地が得られる点、気に入った土地を選び、自分好みの家を建てられる点で、充分に新築のメリットがあるのではないかと思っています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です