すーっかり春ですね。日向でPC作業していますと、暑くてクラクラしてきました。本日は茅野市でも17℃まで上がったようで。え、2月‥?もう一度くらい、雪景色を見たいです。

 

のらざあ

先日ちょっとした用事があり、久しぶりに茅野市役所に行ってまいりました。必要書類を発行してもらっているあいだにテレビをちらちら眺めていると、なにやら茅野市の情報番組がやっていました。そこで思わぬ収穫。茅野市にお住まいの皆さま、移住希望の皆さま、そして特にあずさで遊びにいらっしゃる皆さま。耳より情報をゲットしてしまいました。

茅野市のオンデマンド乗合タクシー「のらざあ」、もうご存知でしょうか?茅野市の主要エリアで12/7から5/31まで試験運行しているらしいです。詳しくはこちらで確認できますが、スマホ予約だと最大料金700円。たとえば茅野駅から先日ご紹介した米ぬか酵素八ヶ岳付近まで、普通のタクシーだと3,000円ちょっとかかるのですが、それが700円。700円というのは1人あたりだと思うので、この場合4人以下での行動ならのらざあがお得ということになります。すごい‥!

 

私、のらざあを利用してやってみたいことがすぐに思いつきました。田舎暮らしはとっても気に入っていて、もう都会では住めないと思うほどなのですが、ただ一つ叶うとしたら、おいしいイタリアンとかフレンチとか、せっかく信州なのでジビエとかまたぎ料理とか、そば懐石とかをお酒とともに楽しみたい。こちらは車社会なので、そのようなお店に食べに行くと、だれかがお酒を我慢しなくてはいけなくなるのです。

今のところ試験段階なので、運行エリアが限られています。が、利用者が多ければエリアの拡大もあり得るらしい。別荘地や人里離れた場所にひっそりと存在するレストランに「のらざあ」で行ける日が来るのかもしれません。ひとつ注意は、運行時間が夜7時までなので、行くとしたらランチかな。

 

特急あずさで遊びにくる皆さんも、バスの時間をやりくりせずに移動できるようになるかもしれませんね。今はまだ市街地エリア中心ですが、例えば御射鹿池からの陶仙房とか、米ぬか酵素八ヶ岳からの指北庵とか、もっと自由に動けたら最高ですね。バスと違って停留所がないので、エリア内はどこでもピンポイントで行けます。

電車もバスもローカル線は利用者が少ないため廃止になるものが多いと聞きます。免許を返納したお年寄りの移動手段の確保はもちろんですがそれだけでなく、地域の活性という意味でも人の移動は大切な要素です。それは地域内の移動に限らず、外からの流れも含めて。その意味で茅野市民だけでなく、旅行者にも便利に使ってもらえる「のらざあ」を応援したいと思います。なにより私自身、のらざあを活用したいので。

 

ところで以前ご紹介した指北庵、いつも賑わっていますね!電話しておかないと、飛び込みではまず入れないと思います。

たくさんの素材を使って丁寧に作られたこのランチ、お値段1,000円ですけどそれ以上の価値がありますよね。観光客だけでなく、地元の人が多いのも納得です。落ち着いたご夫婦や母娘でのランチなど、客層が穏やかでほっこりします。このままこの空気感で続いてほしいなあ。

 

それにしても、本当に暑くて気持ち悪いくらいです。よりによって本日はおでん‥!!どんまい。